カジノ法案成立へ 貴闘力「依存症対策はムリ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カジノ法案成立へ 貴闘力「依存症対策はムリ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,大塚淳史週刊朝日
カジノ法案については、実際にギャンブル依存症だった人からも疑問の声が…(※写真はイメージ)

カジノ法案については、実際にギャンブル依存症だった人からも疑問の声が…(※写真はイメージ)

元関脇の貴闘力さん

元関脇の貴闘力さん

 大相撲の元関脇・貴闘力さん(50)は、競馬や競輪、カジノなど様々なギャンブルにのめり込み、5億円負けた経験があるという。カジノ法案についてはこう語る。

「外国人観光客を集めるなら、ギャンブル場は必要だろうね。でも、ギャンブル依存症の対策に『週3回、月に10回まで』なんていう入場制限を設けようというのはムリ。月に10回は、3日に1度カジノに行っていること。そんなのはやりすぎでしょう(笑)。カジノは夜中でも開いてますしね」

 ギャンブルをやめられなかった自身の経験からも、効果的な対策は考えにくいという。

「ギャンブル依存症というのは病気だから、自分で防ぐのは難しいんです。私も『二度とやらない』と何回も言いました。本人にお金を持たせないことしかないでしょうね。カジノでお金を貸すというのはおかしい。ギャンブルをやるのに貸し借りをさせないことが大切です」

(本誌・上田耕司、大塚淳史)

週刊朝日  2018年7月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい