紫外線は「百害あって一利のみ」 専門医が答えるその「一利」とは?

ヘルス

2018/07/20 07:00

 紫外線はシミやシワ、たるみといった美容面にとどまらず、がんを含むさまざまな皮膚病、さらには白内障などの目の病気にも悪影響を及ぼす。一方で、紫外線があたった皮膚ではビタミンDが合成されて、病気予防や健康づくりに役立っているのも確か。防ぎたいけど、活用もしたい……紫外線とはどれくらいの“つきあい”がよいのか、皮膚科専門医にアドバイスしてもらった。

あわせて読みたい

  • 日焼け止め剤は「2度塗り」 皮膚の専門医が教える効果的な使い方

    日焼け止め剤は「2度塗り」 皮膚の専門医が教える効果的な使い方

    週刊朝日

    7/21

    若い頃に浴び続けた紫外線は将来「負の年金」に! 知っておきたい「日焼け」の怖さ

    若い頃に浴び続けた紫外線は将来「負の年金」に! 知っておきたい「日焼け」の怖さ

    週刊朝日

    7/19

  • 「シワ」や「白内障」にも紫外線の影響が?「UVインデックス」をチェックして対策を!

    「シワ」や「白内障」にも紫外線の影響が?「UVインデックス」をチェックして対策を!

    tenki.jp

    5/26

    ブルーライトで体内時計を整えるって本当?

    ブルーライトで体内時計を整えるって本当?

    週刊朝日

    6/23

  • UV対策をはじめる前に……。でも、紫外線って、“どんな線”?

    UV対策をはじめる前に……。でも、紫外線って、“どんな線”?

    tenki.jp

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す