追悼 桂歌丸さん 一番弟子が明かす「歌丸動物園」「最後の言葉」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

追悼 桂歌丸さん 一番弟子が明かす「歌丸動物園」「最後の言葉」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#お悔やみ
桂歌丸さん (c)朝日新聞社

桂歌丸さん (c)朝日新聞社

歌春さんの真打ち披露(1985年)でのツーショット(歌春さん提供)

歌春さんの真打ち披露(1985年)でのツーショット(歌春さん提供)

「『歌丸動物園』みたいでした。40年ほど前から犬を飼い始め、犬と猫がそれぞれ10匹くらいいたころも。犬の柵の上を猫が飛び交い、フクロウやアオバズクなどの鳥が羽をはばたかせ、釣ってきたタナゴなどの魚が水槽で泳いでました。5年くらい前、最後に残った犬が死んだときには、師匠は『もう、飼えないよ』って本当に寂しそうでしたね」

 歌春さんは6月27日に入院先の病院へお見舞いに行った。歌丸さんは呼吸器をつけ、呼吸が荒かった。過去には入院中でも見舞客の笑いをとろうとしたなど落語家らしい大喜利エピソードが有名だが、歌丸さんからの最後の言葉は、人柄をよくあらわすものだった。

「きょうは息が苦しくて話ができなくて悪いね。あなたも忙しいんだから帰んなさい」

 この気遣いこそ、落語家桂歌丸が人びとを惹きつけてやまなかった理由かもしれない。歌春さんによると、歌丸さんは自ら、子どものころ肉親の縁が薄かったことを公表。その分、家族のみならず、弟子やペットにも愛情を注いでいたという。

 7月2日、眠るように静かに息を引き取った。

 歌丸さんが出演予定だった8月11~20日、国立演芸場の高座は、一門の弟子5人が交代で舞台に上がる予定だ。(本誌・上田耕司)

週刊朝日  2018年7月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい