マエケンに完敗の大谷翔平 手術回避で復帰を急いだワケ

2018/07/11 16:00

“フリーウェーシリーズ”と呼ばれるロサンゼルスのライバル対決、エンゼルス対ドジャースで7月6日(日本時間7日)、大谷翔平(24)対前田健太(30)という注目の日本人対決が実現した。大谷は、2打数無安打1三振と前田に完敗。前田が交代した3打席目も空振り三振に終わった。

あわせて読みたい

  • やはりオーバーワーク? 二刀流・大谷は復帰できるのか

    やはりオーバーワーク? 二刀流・大谷は復帰できるのか

    週刊朝日

    6/23

    大谷翔平が二刀流より野手専念のほうが良い理由

    大谷翔平が二刀流より野手専念のほうが良い理由

    週刊朝日

    7/17

  • 大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

    大谷翔平「本塁打王と15勝」狙えるルール導入も 投手陣の手薄で負担大の不安要素

    AERA

    4/19

    大谷翔平は「早く出すべき」現地メディアに広がる”放出論”

    大谷翔平は「早く出すべき」現地メディアに広がる”放出論”

    dot.

    6/29

  • 「大谷翔平は価値が高すぎる」米メディアからエンゼルスの起用法に疑問の声

    「大谷翔平は価値が高すぎる」米メディアからエンゼルスの起用法に疑問の声

    dot.

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す