27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)> (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)>

このエントリーをはてなブックマークに追加

地下鉄サリン事件発生直後の日比谷線築地駅付近 (c)朝日新聞社

地下鉄サリン事件発生直後の日比谷線築地駅付近 (c)朝日新聞社

オウム真理教代表・麻原彰晃(松本智津夫)と教団「諜報省」トップの井上嘉浩(右)=オウム真理教機関誌「マハーヤーナ」から

オウム真理教代表・麻原彰晃(松本智津夫)と教団「諜報省」トップの井上嘉浩(右)=オウム真理教機関誌「マハーヤーナ」から

 カネへの執着もすでに見てとれる。小学部高学年のころ教諭に、

「先生、僕は大きくなったらカネもうけするから、億の単位で貸してあげる」

 と言って驚かせた。

「金持ちにならなきゃ」

 が口癖だった。

 小学部5年のとき、麻原は児童会選挙で会長に立候補した。落選すると、職員室に行って親しい教諭を教室に呼び出し、その面前で声を上げて泣いた。

「先生が落としたんだ。みんなに『票を入れるな』って言ったんだろう」

 驚いて、教諭は尋ねた。

「どうして、そんなごまかしをすると思うの? 智津夫君は、みんなに好かれていると思う?」
「うん」
「どうして?」
「僕は3カ月前も前から、『よろしく』って、みんなにお菓子を配ったから。寄宿舎で出るおやつをためて」

 教諭は「この子はとんでもない勘違いをしている」と感じた。すると麻原は泣き腫らした真っ赤な目で、

「僕には人徳がなか」

 と漏らした。

 しばらくたってから、配ったお菓子は、ほかの児童から奪ったものだったことがわかった。

 中学部、高等部でも生徒会長に立候補したが、落選。寮長の選挙にも落ちた。

 将来の自活のため、地道な努力を重ねるしか無い全盲の仲間たちの中で、いくらかでも外の世界を見ることができて、力にモノをいわせられた少年は、「王様」であり続けた。ところが、選挙には落ち続け、自己顕示欲を満たしきれなかった。そうした複雑な欲求不満を抱えたまま、麻原は75年3月に盲学校を卒業した。

 最初は眼科医を目指していたが、当時は視覚障害があると医師免許を取れなかったため、断念。卒業して半年ほどたつと、麻原は数人の教諭に電話をかけ、

「中国に行って鍼灸の勉強をしたい。漢方薬の勉強もして、中国に東洋医学の研究所をつくりたい。だから餞別をください」

 と頼んだこともあった。

 卒業の翌年に麻原が数カ月間働いた熊本市内のマッサージ店主は、こう話す。

「大学受験のために、よく勉強していた。熊本大に行くのかと思って聞いたら、『あんなところは、おかしくて行かれん。東大か早稲田に行く』と。自負心が強くて、うぬぼれているところがありました」



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加