金庫は空だった…紀州のドン・ファン事件、当局が追う3人の女 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金庫は空だった…紀州のドン・ファン事件、当局が追う3人の女

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
在りし日の野崎幸助氏と妻と愛犬イブ

在りし日の野崎幸助氏と妻と愛犬イブ

 そして今年2月、現在の妻と結婚した野崎氏だが、「妻とはもうダメや」と知人に愚痴るなど「別れ話」が浮上。そこに登場したのが、「ミスコン」の入賞者というBさんだった。

「奥さんが東京に戻っている間に、Bさんが入れ替わりで和歌山にやってきた。Bさんのほうがいい、妻は350万円支払えば離婚できることになっていると野崎さんは話していましたよ」(前出の知人)

 だが、Bさんは和歌山に戻ってきた妻と偶然、鉢合わせした後、姿を消したという。野崎氏の会社で10年以上、働いた元従業員はこう話す。

「2番目の奥さん、Cさんについても県警に聞かれた。Cさんはクラブのホステスさんだったのを社長が口説き落とした。和歌山で一緒に暮らしたが、最後は社長の浮気が原因で離婚し出ていった」

 だが、Cさんと野崎氏は6月、久しぶりに再会する予定だったという。そのきっかけとなったのは野崎氏の愛犬イブの死だ。

「犬好きのCさんのために野崎さんはイブを飼った。だが、イブが死に、6月に予定していたお別れ会に、Cさんも呼ぶと社長が言ってました。Cさんも社長が怪死した後、会社に『イブのお骨がほしい』などと連絡したそうです」(元従業員)

 謎の死は解明できるのか。(本誌・今西憲之)

週刊朝日 2018年7月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい