「安倍首相が迫られる難しい選択」五味洋治氏が明かす日朝首脳会談の踏絵とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「安倍首相が迫られる難しい選択」五味洋治氏が明かす日朝首脳会談の踏絵とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
日朝首脳会談で9月の総裁選で3選を決めたい安倍首相 (c)朝日新聞社

日朝首脳会談で9月の総裁選で3選を決めたい安倍首相 (c)朝日新聞社

「しかし、今の北朝鮮の金正恩体制は国内で盤石になり、韓国、中国、ロシア、そして米国との関係が良好です。日本に頼らなくても大丈夫なのです」(五味氏)

 この状況では、安倍首相が「拉致被害者の全員帰還なしに国交正常化はありえない」と突っぱねても事態が前進するとも思えないという。

 一方で、金委員長がトランプ大統領を通して発信したように、安倍首相に秋波を送っているのは間違いない。安倍首相の決断次第では、会談や拉致問題を含め、事態が進む可能性が出ているのだ。

 五味氏は会談の実現は十分あり得るとみている。

「特に北朝鮮は建国70周年の節目の年です。こういう区切りの年では、北朝鮮は大きな事をしたがります。9月9日の建国記念日までに、早ければ8月には大きな動きがあるのではないでしょうか」

 トランプ大統領頼りだった北朝鮮外交は今後、安倍首相自身の手に大きく委ねられることになる。果たして安倍首相は手腕を発揮できるか。大きな山場を向かえることになった。(本誌・大塚淳史)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい