松山英樹が挑む全米オープンの「勝負どころ」 丸山茂樹が指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹が挑む全米オープンの「勝負どころ」 丸山茂樹が指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

コウダイ、ここからだ!(c)朝日新聞社

コウダイ、ここからだ!(c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、米国ツアーでの松山英樹選手の不調と今後のこと、日本ツアーで逆転優勝した市原弘大選手などについて語った。

【写真】トロフィーを手に笑顔を見せる市原弘大選手

*  *  *
 米PGAツアーの「ザ・メモリアルトーナメント」(5月31日~6月3日、米オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC)で、松山英樹(26)は通算10アンダーで13位でした。

 予選の2日間は好調でしたけど、週末で崩れちゃいました。出入りが激しかったですね。テレビの解説のお仕事で全部見させてもらいましたけど、ストレスがたまってる感じがするかな。思うように自分をコントロールできてないというのか。前は、打てば何となく許容範囲に収まってたのが、許容範囲より大きく曲がるようになって。それがボギーにつながっちゃってた感じです。

 いいときは「あっ」って思ったショットでもグリーンに乗ってたりしましたけど、そういうショットが実際にグリーンを外れてる。そういう時期ってあるんですよね。ゴルフの流れというかバイオリズムというか。そこも若干落ちてるのかなという気がします。

 そして英樹は6月14日開幕の海外メジャー第2戦「全米オープン選手権」(米ニューヨーク州ロングアイランドのシネコックヒルズGC)へ向かいます。シネコックヒルズは僕が回ってたころよりも500ヤード近く距離が延びてます。相当難しくなってると思うんですよ。でもいまの選手たちは飛ばしますから。アイアンの距離感が一番大事になってくるコースだと思うんですよ。そこが勝負になってくるでしょうね。

 さて日本ツアーではプロ18年目の初優勝がありました。「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31日~6月3日、茨城・宍戸ヒルズCC)で、市原弘大(36)が鮮やかな逆転優勝を飾ったんです。コウダイは苦労しながらも着実に前進してきたんで、それが報われてほんとによかったと思います!

 いわゆるイジられキャラで、いつもニコニコしてるんです。僕らは「コウダイのまね」って言って、ニタニタ笑いながらあいさつするジェスチャーをしてね。まあ仲よくしてますよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい