「20代と30代の脳は少し違う」丸山茂樹のイップスを脳科学者が解明 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「20代と30代の脳は少し違う」丸山茂樹のイップスを脳科学者が解明

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

(左)中野信子(なかの・のぶこ)/脳科学者・認知科学者。1975年、東京都生まれ。東京大学工学部を卒業し、東大大学院医学系研究科で医学博士号取得。フランス国立研究所で研究員。2015年から東日本国際大学教授。著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』など。
(右)丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年、千葉県生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10勝。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。(撮影/小暮誠、衣装協力/HANABISHI)

(左)中野信子(なかの・のぶこ)/脳科学者・認知科学者。1975年、東京都生まれ。東京大学工学部を卒業し、東大大学院医学系研究科で医学博士号取得。フランス国立研究所で研究員。2015年から東日本国際大学教授。著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』など。 (右)丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年、千葉県生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10勝。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している。(撮影/小暮誠、衣装協力/HANABISHI)

中野:不安さえうまく使いこなすことができれば、日本人の高い能力を発揮できる。それには不安から目をそらさないことなんです。アメリカのシカゴの高校で、落とすと留年するという数学のテストで実験をしたという研究があります。成績がほぼ同じ二つのクラスに対して、テスト直前の10分間に別々のことをさせる。一方には自由に文章を書かせて、もう一方には「この試験でミスしたら留年だから、心配なことを書き出してみよう」と指示するんです。すると、後者の方が、1割ほど成績がよくなったというのです。

 この研究が示唆するのは、自分の不安を客観視するために有効な操作が、パフォーマンスをよくするという可能性です。一般的に「ポジティブなイメージだけしろ」と言いますけど、逆効果になる人が実は相当数存在するんですね。丸山さんもそちらの方かもしれないです。不安傾向が高いけれども優秀な人って、ポジティブにしていなさい、と言うと、かえって逆のことを考え続けてしまうんです。

丸山:ああ、わかります。緊張感が現れたのは30歳ぐらいのときからです。初めてアメリカで優勝した試合はプレーオフになりました。そのとき「勝ったらメインランド(アメリカ本土)で優勝する初の日本人だな」って思って。緊張感が確実に自分に伝わってくるようになった。それが重なって、イップスにつながったと思うんです。

中野:20代と30代の脳は少し違います。とくに20代前半の脳は前頭葉、前頭前野という場所があまり発達していなくて、行動を自分で制御したり、自分の振る舞いを客観的に見たりできない。ひとことで言って未熟なんです。30歳ぐらいになるとその部分が完成してくるので、「客観的に自分ってどうなの?」っていう視点がより強くなるんです。

丸山:確かに。20代のときは人が前から歩いてきても、よけたことなかったですから。いまは「謝った方が勝ちなんじゃない?」っていうぐらいに丸くなったな。ハハハハ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい