ミッツ・マングローブ「マニュアル男子の出家場所リリー・フランキー」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「マニュアル男子の出家場所リリー・フランキー」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツマングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

マニュアル男子の出家場所リリー・フランキー(※写真はイメージ)

マニュアル男子の出家場所リリー・フランキー(※写真はイメージ)

 そんな『竹野内ってかっこいいよな系男子』たちが、最近こぞって「あんな歳のとり方をしたい」と名前を挙げる男がいます。リリー・フランキー氏です。リリーさんが醸す『中2的ファンタジーとミドルエイジのトラッド』が絶妙に混在する『超ハイブリッドなフーテン貴族感』は、まさにマニュアルをこじらせた男子たちの「女にも男にも憧れられる軽やかで重厚な男でいたい(でも竹野内豊にはなれない)」という福袋のごとく詰まった業(ごう)と性(さが)が最後に行き着く寺院のような大衆性を持っています。

 でも知っていますか? リリーさんが今もっともその愛と財を注ぎ込んでいるのが、女装したオカマ3人組(星屑スキャット)だということを。この人の性(さが)は、マニュアルなんかに収まり切らないぐらい繊細なこじらせ方をしています。さあ、世の男子たちよ、もっとリリー・フランキーを深くお手本にして、星屑スキャットをスターに!

週刊朝日 2018年5月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい