田原総一朗「私が知る柳瀬氏ではない、追い込んだのは官邸」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「私が知る柳瀬氏ではない、追い込んだのは官邸」

連載「ギロン堂」

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

今なお収束しない「森友・加計問題」(※写真はイメージ)

今なお収束しない「森友・加計問題」(※写真はイメージ)

 このような決裁文書の改ざんがあって、しかもそれを隠蔽していた。つまり、国民を騙すつもりだったというのは、民主主義を標榜する国家にはあってはならないことである。

 そのことを財務省自体が認めざるを得なくなった。私はこの時点で、麻生財務相は当然辞するもの、と考えていた。何人かの自民党幹部にも確かめたのだが、誰もがそのように捉えていた。

 私は、麻生財務相が辞めて、そのうえで安倍首相は第三者機関を構築し、なぜ改ざんしたのかを佐川宣寿前理財局長などに徹底的に問いただして、事実を解明するのだろうと予想していたのだが、安倍首相には、まったくその気持ちがないようだ。

 私は、3週間ほど前に自民党の参議院議員たちの勉強会に呼ばれた。北朝鮮、米国、韓国、そして中国などの思惑について語ってほしい、というのである。70人以上が出席していて、前半はその話をしたのだが、後半は自民党批判を展開した。

「あなたたちは自民党の議員で、自民党を愛していて、自民党という党に責任を持っているはずだ。とすれば、自民党に対する国民の信頼を取り戻すために、きちんと安倍首相批判をすべきであり、誰もが安倍首相のイエスマンでしかないのは、自民党の劣化ではないのか」。反論の類はまったく出なかった。少なからぬ議員たちが、「田原さんの言うとおりです」と苦笑いをして言ったのだが……。

週刊朝日 2018年5月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい