大腸がん“ロボット手術” 経験ある医師なら約8割の患者が人工肛門回避

がん

2018/04/29 07:00

 大腸がんのなかでも、直腸がんの手術は難しい。骨盤内の狭い空間での手術になり、操作を誤れば神経や血管を傷つける恐れがある。その直腸がんに対して2018年4月、繊細な動きを得意とするロボット手術が保険適用になった。

あわせて読みたい

  • 大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    週刊朝日

    9/2

    大腸がんの臨床試験でわかった腹腔鏡手術の意外な弱点とは 

    大腸がんの臨床試験でわかった腹腔鏡手術の意外な弱点とは 

    dot.

    3/28

  • 【大腸がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【大腸がん手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/16

    財津和夫が公表した大腸がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    財津和夫が公表した大腸がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40

    dot.

    6/3

  • 3割が人工肛門になる大腸がんに光明! その新しい手術とは?

    3割が人工肛門になる大腸がんに光明! その新しい手術とは?

    週刊朝日

    5/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す