丸山茂樹が“チビだいら”小平智の米ツアー初Vの裏側を明かす (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹が“チビだいら”小平智の米ツアー初Vの裏側を明かす

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

いい顔してるなあ~(Getty Images)

いい顔してるなあ~(Getty Images)

 さて、日本男子ツアーの国内初戦「東建ホームメイトカップ」(4月12~15日、三重・東建多度CC・名古屋)です。僕はテレビ東京さんの解説をさせてもらいました。これも重永亜斗夢(29)のツアー初優勝でした。優勝が決まった18番のグリーンにお子さん2人が入ってきて抱き合ったシーンは、さわやかで感動的だったなあ。

 最終日の最終組で一緒に回ったのが石川遼(26)と片山晋呉(45)ですからね。何打差があってもプレッシャーのかかる状況で、しかも悪天候の中、よく耐え忍んで1打差で逃げきりましたよ。彼のゴルフ人生にとっても大きな一歩だったし、競り合った相手が大物だったってのも、大きな自信につながったでしょうね。

 解説のあとは、横浜へ移動して村田諒太君(32)の初防衛戦をナマ観戦させてもらいました。本人は「もっと早く決めたかった」なんてことも言ってますけど、ほぼ自分のプログラミング通りにいったんじゃないかなと思います。相手のパンチをちょっとずつ、ちょっとずつかわすんですよね。さすがミドル級だけあって、パンチの当たる音がいかにも重い感じで印象的でした。ボクシングも強くて、話も面白くて。どんだけカッコいいんだってツッコみたくなりました。

週刊朝日 2018年5月4-11日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。セガサミーホールディングス所属。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい