衣笠祥雄さん死去 生前に鉄人が遺した言葉「カープは広島の文化」の意味

2018/04/24 15:42

 広島カープで活躍し、「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が死去した。死因は大腸がん。71歳だった。衣笠氏は19日まで野球中継のテレビ解説の仕事をこなすなど、最後の最後まで「鉄人」の人生だった。

あわせて読みたい

  • 急逝・衣笠祥雄氏、果敢に走塁を試みた「もうひとつの記録」

    急逝・衣笠祥雄氏、果敢に走塁を試みた「もうひとつの記録」

    dot.

    4/24

    山本浩二、古葉竹織らが語る“鉄人”衣笠祥雄の真実「監督をしなかったことが残念」

    山本浩二、古葉竹織らが語る“鉄人”衣笠祥雄の真実「監督をしなかったことが残念」

    週刊朝日

    4/28

  • “鉄人”衣笠さんは投手からすれば“安心感”のある選手だった?
    筆者の顔写真

    東尾修

    “鉄人”衣笠さんは投手からすれば“安心感”のある選手だった?

    週刊朝日

    5/12

    【追悼】「江夏の21球」を生んだ鉄人・衣笠祥雄さんの言葉

    【追悼】「江夏の21球」を生んだ鉄人・衣笠祥雄さんの言葉

    AERA

    5/8

  • カープに黄金期到来? 32年前の「日本一」との共通点

    カープに黄金期到来? 32年前の「日本一」との共通点

    dot.

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す