家電芸人がプレゼン! くさやのニオイも消す超革新的脱臭機

連載「楽屋の流行りモノ」

脱臭、除菌、ウイルス抑制効果に優れた次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」。ペットを飼っている家や乳幼児のいる家、在宅介護の空間などにオススメだ。税別15万円前後(参考価格)
拡大写真

脱臭、除菌、ウイルス抑制効果に優れた...

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」について。

【家電芸人おすすめ「ジアイーノ」の写真はこちら】

*  *  *
 テレビ出演者の間で流行(はや)るモノの広がり方の一つに「番組で取り上げたことから興味をもって」というのがある。つまり視聴者の皆さんと同じタイミングで知り、「欲しい」と盛り上がり、「アレ、ほんとにいいの?」「マジでヨカッタ」などとクチコミで伝わっていく。

 家電メーカーに言わせると、効果が高い3大番組が「マツコの知らない世界」(TBS系)、「有吉ゼミ」(日本テレビ系)、そして「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「家電芸人」の回だそうだ。

 3月4日にオンエアされた「日曜もアメトーーク!」2時間拡大版「春の新生活応援!家電芸人」の中で、もっともスタジオが沸き、量販店を始めとした取扱店での反応が良かったモノ。それは土田晃之がプレゼンした『パナソニック』の「ジアイーノ」だったという。ちなみに「家電芸人」とは文字通り、家電にくわしい芸人たちのこと。彼らが電器店の大売り出しよろしく、法被にハチマキ姿で熱く説明すると、MCの雨上がり決死隊やゲストが即買いを決断するのだ。

『パナソニック』でいうと、過去にチュートリアルの徳井義実やキャイ~ンの天野ひろゆきのプレゼンで「ポケットドルツ」や「ポケット吸入器」が大ヒットした。

 今回、土田がまず説明したのは、厚生労働省も認めた除菌力とウイルス抑制力をもつ次亜塩素酸について。「ジアイーノ」は、付属の塩タブレットを一つ投入すると電気分解し、次亜塩素酸を発生させる。「病院や保育園、老人ホームなどで使われていたものを家庭用に作った」「超革新的家電」「ウルトラ脱臭機」と土田の熱いプレゼンは続く。「空気清浄機ではありません」は、同品のテレビCMでも謳われていた文言だ。

 そこからは、“くさや”のニオイが充満したクリアボックスが二つ用意され、うち一つに「ジアイーノ」をセット。スイッチを入れて1分半で中のニオイがどうなるか、悪臭が大の苦手だという宮迫博之がビフォー&アフターを体験した。

“ジアイーノ前”のニオイを嗅ぐ宮迫の表情で、その強烈さが伝わり、半信半疑で“ジアイーノ後”のボックスに顔を突っ込み、驚きの表情を浮かべる宮迫から見事な効果がわかった。

「これ、劇場の楽屋に置いたら、いいんじゃないかしら」とは同番組を見ていたベテラン女優の弁。メーカーによれば「古い建物に長年染みついたニオイでも、ジアイーノを使用することでだんだんとれていった」というユーザーの声もあるという。これは期待大だ。

週刊朝日 2018年4月27日号

続きを読む

この記事にコメントをする
山田美保子

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック