“リケ老”のすすめ 82歳のiPhoneアプリ開発者の金言 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“リケ老”のすすめ 82歳のiPhoneアプリ開発者の金言

赤根千鶴子週刊朝日#シニア
若宮正子(わかみや・まさこ)/1935年、東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)勤務。定年後にパソコンを始め、2017年にiPhoneアプリ「hinadan」を開発(撮影/写真部・大野洋介)

若宮正子(わかみや・まさこ)/1935年、東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)勤務。定年後にパソコンを始め、2017年にiPhoneアプリ「hinadan」を開発(撮影/写真部・大野洋介)

お雛様を正しい位置に配置していくゲームアプリ「hinadan」。正しい位置なら鼓の音がポンと鳴る(撮影/写真部・大野洋介)

お雛様を正しい位置に配置していくゲームアプリ「hinadan」。正しい位置なら鼓の音がポンと鳴る(撮影/写真部・大野洋介)

2017年のアップル社「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」に招待され、若宮さんはCEOのティム・クック氏にも対面

2017年のアップル社「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」に招待され、若宮さんはCEOのティム・クック氏にも対面

「高齢者がデジタル技術に慣れれば、家族のみならず別の世代や外国人とも交流する機会が増え、人生をより楽しめます」

 若宮さんは、デジタル機器はシニアにこそ必要だと考えている。

「私は70歳のときに母が100歳で他界しました。それからはマンションで一人で暮らしています。でもフェイスブックでたくさんの友人たちとつながっていますし、エクセルアートで日本の伝統的な文様を表現したり、オリジナルデザインで団扇を作ったりなんてこともしてますから、全然孤独ではないんです」

 若宮さんはメンバーとして参加している「人生100年時代構想会議」では“リケ老”のすすめを提案。

「リケ老=理系老人です。時代は進歩しています。これから本格的なAI(人工知能)時代に突入していくでしょう。高齢化が進み人の手が足らなくなれば、人間ではなくロボットに介護してもらう時代もくるかもしれません。そんなときにデジタルアレルギーがあったら不幸です。私だって、パソコンもスマホも初めはワケがわからなかったです。でも“時代が生んだ新しいおもちゃ”と思って勉強したら、楽しいんですよ」

 デジタル機器を使いこなせるようになれば、時間の効率化、日々の労力の省エネ化もはかることができる。

「私、人生って質×量だと思うんです。もうこの年齢になると、長生きしたいなんて思いません。体の機能は衰えてきて当たり前ですしね。でもだからこそ一日一日の質を上げていきたいんです。生きている間を、どういうふうに有効活用するか。それを考えることが一番大切なんじゃないかな」

 そんなマーチャンの今後の目標は「同世代に元気を届け続けることでしょうか。それには私自身が、進化し続けなくては」。

(エディター・赤根千鶴子)

週刊朝日  2018年4月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい