“リケ老”のすすめ 82歳のiPhoneアプリ開発者の金言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“リケ老”のすすめ 82歳のiPhoneアプリ開発者の金言

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#シニア

若宮正子(わかみや・まさこ)/1935年、東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)勤務。定年後にパソコンを始め、2017年にiPhoneアプリ「hinadan」を開発(撮影/写真部・大野洋介)

若宮正子(わかみや・まさこ)/1935年、東京生まれ。東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)勤務。定年後にパソコンを始め、2017年にiPhoneアプリ「hinadan」を開発(撮影/写真部・大野洋介)

お雛様を正しい位置に配置していくゲームアプリ「hinadan」。正しい位置なら鼓の音がポンと鳴る(撮影/写真部・大野洋介)

お雛様を正しい位置に配置していくゲームアプリ「hinadan」。正しい位置なら鼓の音がポンと鳴る(撮影/写真部・大野洋介)

2017年のアップル社「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」に招待され、若宮さんはCEOのティム・クック氏にも対面

2017年のアップル社「Worldwide Developers Conference(世界開発者会議)」に招待され、若宮さんはCEOのティム・クック氏にも対面

「カメラに向かって笑うのって、難しいですね。えっ、今度は後ろ振り返って、カメラ見るんですか? 首、回るかな。私、借金はないんですけどね」

【写真】若宮さんが開発したゲームアプリ「hinadan」はこちら

 あはは、おかしい。一緒にいて飽きない、楽しい人。それが若宮正子さん(82)。愛称はマーチャンだ。

「いやあ、私、この1年で人生が激変しましたけれど、別にエライ人じゃないですから。ただの変わり者のばあさんなだけ。皆にマーチャンって呼んでもらうほうがいいんです。敷居の低い感じに、自分で安心します」

 確かに、この1年で若宮さんの人生は大きく変わった。60歳からインターネットを学び、81歳でプログラミングを学ぶ。そして2017年2月にゲームアプリ「hinadan」をリリース。キャッチフレーズは「80過ぎのオババが作ったハイシニアが楽しめる雛壇飾りアプリ」だ。

「これね、高齢者の方が楽しめると思うんですよ。だってお雛様の正しい飾り方なんて、若い人はそんなに知らないでしょう? こうやってね、よっ、はっ!」

 人形を正しく配置するだけで鼓が鳴り、達成感が味わえる。今までスマホにさわったこともないようなシニアでもすぐに楽しめるこのアプリ開発の功績は高く評価され、6月にはアメリカのアップル本社の世界開発者会議に招待され、世界中から「世界最高齢のプログラマー」として注目された。そして11月末には「今度は国連から、NYの国連本部で高齢化社会とデジタル技術をテーマにスピーチを、という依頼がきてしまったんですよ。最初は冗談かと思いました(笑)」。

 ウソか誠か調べてもらったら、正真正銘の演説依頼。

 テーマは「Why are digital skills critical for older persons?(なぜデジタルスキルは高齢者にとって重要なのか?)」。

「もう必死で原稿を作って、英訳を手伝ってもらって、なんとか英語でスピーチしてきたんです」

 日本時間では本年2月3日。このニュースは国内でも大きく取り上げられた。

 若宮さんは訴えた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   シニア をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加