竹内涼真、いつか「国民的」と言われる人になれたらいい

週刊朝日
 2017年、「ひよっこ」「過保護のカホコ」「陸王」と、立て続けにヒット作に出演して大ブレイクした竹内涼真。イケメンが群雄割拠する若手俳優たちの、トップグループに躍り出た。

【竹内涼真フォトギャラリーこちら】

*  *  *

──昨年は大ブレイク。ご自身に変化は?

 街で声をかけられたり、僕のことを知ってくださっている人が増えてすごくうれしいです。でも、僕自身は全然変わってないですね。どこかで「いつも通りでいよう」という気持ちもありますし。

──演技に対する思いも変わらない?

「もっともっと」という気持ちが強いです。前回のドラマで「よかったね!」と言っていただけたら、次はそれ以上によかったと思ってもらえるようにがんばりたい。現場で満足する日はありません。まだ僕は成長段階なので。「まだまだ」だし、「もっといける」と思っています。

──ドラマ「ブラックペアン」では研修医の世良を演じます。

 自分にない部分を持ったキャラクターなので、今までで一番難しいかもしれません。世良は新人だから焦ったりパニックになったりするんですが、僕、意外とそうなることがないんですよ。普段は周りに「あいつ焦ってるな」と思われたくないので、考えてから行動するし、平常心でいることを心がけているので。

──緊張もしない?

 することもありますが、してもしょうがないですからね。「緊張」と「緊張感」は違うなと思っているんです。気持ちの持っていきようだと思うので、ちゃんと整えていきます。俳優って、気持ちを使う仕事だと思うんですよ。フリだけでは、見ている人の心を動かせませんから。

──注目されることに、プレッシャーは?

 ありません。モチベーションになります。

──今、「国民の彼氏」と言われていますが。

 あれって誰が言いだしたんでしょうね(笑)。誰かが言ってくれたんで、僕もイベントで言ってみたんですが。

──「過保護のカホコ」の麦野初役の頃からでしょうか。

 僕、麦野君は「カッコいい」と言われる役ではないと思っていたので、そう思われたのは意外でした。自分の思いと受け取る側の気持ちは違うんだなと思います。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック