iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

ヘルス

2018/04/14 11:30

 注目されるiPS治療。初めて治療に応用されたのは眼の病気だ。3月27日発売の週刊朝日ムック『眼の病気&老眼がまるごとわかる2018』では、最先端の医療現場をルポした。

あわせて読みたい

  • iPS細胞で今夏にも移植手術 目の難病「加齢黄斑変性」に希望の光

    iPS細胞で今夏にも移植手術 目の難病「加齢黄斑変性」に希望の光

    dot.

    3/25

    iPS細胞を使った網膜治療を実現させた高橋政代さん「はじめは笑われました」

    iPS細胞を使った網膜治療を実現させた高橋政代さん「はじめは笑われました」

    dot.

    7/5

  • 稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    稲盛和夫×山中伸弥特別対談「神の領域 夢と苦悩」iPS治療 世界初の実施

    週刊朝日

    9/25

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

  • 山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    AERA

    12/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す