丸山茂樹の「マスターズ」 オーガスタ、一番の難所とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹の「マスターズ」 オーガスタ、一番の難所とは?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

得意のオーガスタで結果はいかに……(写真:gettyimages)

得意のオーガスタで結果はいかに……(写真:gettyimages)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、マスターズ・トーナメントが行われたオーガスタ・ナショナルGCの特徴と難所を語る。

【松山英樹の写真はこちら】

*  *  *
 みなさんがこの連載を読まれるころには、今季のメジャー初戦となる「マスターズ・トーナメント」(4月5~8日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC)の戦いは終わってますね。

 締め切りの関係で結果を入れられないのですが、今週もマスターズのお話を。タイガー・ウッズ(42)も復帰しましたし、ほんとにフルメンバーですから。申し分ないトーナメントと言うしかないです。オーガスタの一番の特徴は、天候によってグリーンが硬くなったり、さらに速くなったりするところでしょうか。前夜に大雨が降ると、それだけでえらくスコアが変わるんで。そのあたり、今回はどう影響したかな。

 さて松山英樹(26)は過去3年、マスターズで5位、7位、11位ときてます。やはり右サイドを大きくとって打てるのが、オーガスタに合ってるんだと思います。もともとドローヒッターなんですけど、フェードもうまく打てる。しっかりボールを押し出していけるのがいいですよね。高弾道のアイアンショットで攻めていけるのもプラスです。それにパッティングがビシッと決まらないと上位にはいけないんですけど、英樹はオーガスタのグリーンを結構読めてるところがあるのかなという気はしますね。

 グリーンは高低差が非常に強いのが特徴です。平らなところのスピードは米PGAツアーの速いところと大差ないんですけど、傾斜があると高低差とスピードのかけ算で、グッと変わってくる。難しいのは下りが速いために、何となく上りが打ちきれなくなるところですね。ここがオーガスタの一番の難しさと言ってもいいかもしれません。みんな上りがきちんと打てなくなって、パッティングのフィーリングが悪くなるっていう流れになってしまうんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい