“エロすぎ”もOK? 松坂桃李、ネットニュースに言及 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“エロすぎ”もOK? 松坂桃李、ネットニュースに言及

このエントリーをはてなブックマークに追加
松坂桃李(まつざか・とおり)/1988年生まれ、神奈川県出身。特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」(2009年)でデビュー。映画「ツナグ」「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」「今日、恋をはじめます」(すべて12年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。映画「キセキ −あの日のソビト−」「ユリゴコロ」「彼女がその名を知らない鳥たち」(17年)、連続ドラマは、「ゆとりですがなにか」(16年)、「視覚探偵 日暮旅人」(17年)など出演作多数。NHK連続テレビ小説「わろてんか」では主人公の夫役を演じた。映画「娼年」は4月6日全国公開。公開待機作に「孤狼の血」(5月12日公開)がある。(撮影/谷本結利、スタイリング/KAWASAKI、ヘア&メイク/高橋幸一)

松坂桃李(まつざか・とおり)/1988年生まれ、神奈川県出身。特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」(2009年)でデビュー。映画「ツナグ」「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」「今日、恋をはじめます」(すべて12年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。映画「キセキ −あの日のソビト−」「ユリゴコロ」「彼女がその名を知らない鳥たち」(17年)、連続ドラマは、「ゆとりですがなにか」(16年)、「視覚探偵 日暮旅人」(17年)など出演作多数。NHK連続テレビ小説「わろてんか」では主人公の夫役を演じた。映画「娼年」は4月6日全国公開。公開待機作に「孤狼の血」(5月12日公開)がある。(撮影/谷本結利、スタイリング/KAWASAKI、ヘア&メイク/高橋幸一)

 放送中の朝ドラ「わろてんか」でヒロインの夫を演じたこともあり、「爽やか好青年」という印象の松坂桃李さん。実は、そのイメージを裏切るような役柄をたくさん演じています。今回の主演映画『娼年』には「性描写をここまでリアルにやる映画って、ちょっとないと思う」と作家の林真理子さんもビックリ。

*  *  *
林:(映画の)原作(『娼年』石田衣良)のリョウ君は繊細でひ弱な美少年という感じでしたが、映画のリョウ君は非常にたくましい肉体を持っているし、自己が確立している感じですよね。娼夫なんかやらなくても、ふつうに恋人もできるだろうし、楽しく暮らしていけそうですけど。

松坂:なるべくふつうっぽくすることによって、どの女性に対しても平等でいられ、フラットな関係が成立するというのが、この作品の肝でした。ふつうっぽさから来るリアリティーを伝えていきたいねと、(監督の)三浦(大輔)さんと話しました。

林:先輩のコールボーイが、「リョウ君は売れると思ってた。だって、ふつうだもん」って言いますよね。あれはすごく深い意味があって、私が感じた健全さみたいなものを、彼はリョウ君から感じ取ったんでしょうね。松坂さんにぴったりでしたよ。ほれぼれするぐらいたくましかったですけど、ふだんから鍛えてらっしゃるんですか。

松坂:いえ、いまはぜんぜん。時代劇の映画の準備をしているので、殺陣の稽古はやってますけど。

林:そうなんですね。監督は松坂さんご指名だったんですか。

松坂:そうですね。舞台も三浦さんの演出だったんですが、そのときはオファーというより、一度会ってみましょうという感じで。

林:この役、やりたかったんですか。

松坂:やれるんだったら、と思ってました。この作品、過去に何度か映画化の話があったんですが、なかなか実現しなかったんですね。このタイミングで自分がやれたらラッキーだなと思ったんです。

林:これ、ずいぶん前の小説ですもんね(01年発表)。監督、リョウ君になれる人をずっと探してたんでしょうね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい