HKT48指原も挿入で話題 「永久コンタクト」の安全性とお得感 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

HKT48指原も挿入で話題 「永久コンタクト」の安全性とお得感

山内リカ週刊朝日#ヘルス
「起きた瞬間から目が見えて」と喜ぶHKT48の指原。視力もセンターもバッチリキープか(c)朝日新聞社

「起きた瞬間から目が見えて」と喜ぶHKT48の指原。視力もセンターもバッチリキープか(c)朝日新聞社

 従来は強度近視(視力0.1未満程度)の人が主な対象だったが、今は軽度から中程度の近視や、遠視、乱視などにも対応。同じ視力矯正法であるレーシックをしのぐ勢いだという。

「万が一、問題があった場合、ICLは取り出し、元に戻すことができる。レーシックとはその点が異なります。レーシックは角膜を削るため、元に戻せないのです」(同)

 最新のICLは、北里大学で開発された技術が使われている。眼科医で同大の神谷和孝教授によれば、現在普及しているタイプはドライアイにもなりにくく、この治療で老眼が進むこともないそうだ。

「合併症のリスクはほとんどない治療ですが、ICLは“永久コンタクト”とも呼ばれ、同じレンズでずっと見ることになる。自分の度数に合ったレンズ選びが重要で、念入りな検査をしてくれる施設で受けることが大事です」(神谷教授)

 今までとは見え方が変わる点に注意と話すのは、中村院長だ。

「夜間、明かりの周りに光の輪が見える“ハロー”が起こります。すぐに慣れますが、説明はしっかり聞いておくようにしましょう」

 ICLは自費診療で50万~60万円。レーシックの倍ぐらい、使い捨てコンタクトレンズの約10年分。日々のわずらわしさがなくなることを考えると、お得感もある。興味のある人は眼科医に相談してみてはどうか。(本誌・山内リカ)

週刊朝日  2018年3月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい