普通の人が発症する「アスベスト」のリスク…原一男監督の新作が話題

2018/03/19 07:00

 大阪府の南端、アスベスト(石綿)工場が集中した泉南地域の石綿禍被害者を追った原一男監督の新作ドキュメンタリー映画が話題を呼んでいる。「普通の人」の国を相手取った裁判闘争は、誰の身にも起こる発症リスクを浮き彫りにしている。

あわせて読みたい

  • 鬼才・原一男監督23年ぶりの新作 「石綿訴訟」で描く「普通の人」の面白さ

    鬼才・原一男監督23年ぶりの新作 「石綿訴訟」で描く「普通の人」の面白さ

    AERA

    2/25

    6時間超の映画「水俣曼荼羅」 原一男監督「水俣病の問題は解決していない」

    6時間超の映画「水俣曼荼羅」 原一男監督「水俣病の問題は解決していない」

    週刊朝日

    11/19

  • 室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖

    室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖

    週刊朝日

    7/25

    隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    週刊朝日

    9/23

  • ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    週刊朝日

    1/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す