「悪ふざけも、下ネタもない男です」丸山茂樹が“同世代の星”を称賛 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「悪ふざけも、下ネタもない男です」丸山茂樹が“同世代の星”を称賛

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹氏が知る、フィル・ミケルソン選手の魅力とは? (※写真はイメージ)

丸山茂樹氏が知る、フィル・ミケルソン選手の魅力とは? (※写真はイメージ)

 日大のときはフィルのアリゾナ州立大の監督にアメリカへ招待されて、彼らのリーグ戦に参加しました。確か初日と2日目はフィルと一緒に回ったんですけど、そのとき彼はすでにプロの試合で優勝したあとだったから、学生の試合なのにギャラリーを200人ぐらい引き連れてました。あれは驚いたなあ。

 初対面から30年以上たって、彼がまだ現役のスーパースターを向こうに回して、スパーンと一本背負いを決めるみたいな勝ち方をするんですから。40勝もしてる選手ってのは、ちょっとモノが違うんでしょうね。

 フィルは去年の6月に、25年も一緒だったキャディーのジム・マッケイと離れたんです。ボーンズっていうニックネームで呼ばれてた人ですけどね。突然、彼に担いでもらうのをやめた本当の理由は分からないですけど、そこから弟のティムが専属キャディーになって。1年もしないうちに勝っちゃうんですからね。持ってるなあ、と思います。このトシになってから弟に担いでもらって、まあ普通に考えたら「シニアに向けて、のんびりいこう」って雰囲気になるじゃないですか。それを今年に入って新たに試行錯誤して、トップ10を続けて、優勝まで。絵に描いたようなカッコよさです。

 何せ僕は英語がそこまで話せないんで、フィルの本性には迫れてません。だけど、彼はアメリカの選手にありがちな、悪ふざけが好きだったり、下ネタを言ったりなんてことは絶対にない。そして、いつも優しい。僕がグリーンカードをとるとき、保証人になってくれました。会うといつも、「シゲキサン、ゲンキデスカ?」って。ああ、またフィルに会いたいな。

週刊朝日  2018年3月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪でゴルフ日本代表ヘッドコーチ、東京五輪では監督を務める。セガサミーホールディングス所属。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい