ベテラン村田の獲得に“腰が引ける”ワケ 東尾修が解説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベテラン村田の獲得に“腰が引ける”ワケ 東尾修が解説

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

守備力には定評があるベテラン村田。打力も見せつけてほしい(c)朝日新聞社

守備力には定評があるベテラン村田。打力も見せつけてほしい(c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、今オフは何度も元・巨人の村田修一選手について話を聞かれたという。

【守備力には定評があるベテラン村田修一】

*  *  *
 昨年10月に巨人を自由契約になった村田修一が独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木に入団することが3月5日に発表され、9日に入団会見があった。NPB球団からのオファーが3月になっても届かなかったのを不思議に思う方も多いだろうし、私もその一人である。

 本人が「代打でも何でもいい。チームに貢献できれば」と口にしていたのを報道で見た。三塁の守備も一級品。打撃力もあり、本人も年俸にこだわりもない。37歳という年齢を割り引いても、使い勝手という点で、魅力に感じてもおかしくはないはずだ。

 私にも、何で村田はどこも獲得に乗り出さないのですか?という質問が相次いだ。本来ならこの時期は、「どこかに楽しみな新戦力はいますか?」「○○という新人は使えますか?」と聞かれることが多いが、村田のことを聞かれることが多かった。

 私が侍ジャパンの投手総合コーチを務めた2013年の第3回WBCでも、代表候補に入りながら故障のアクシデントもあって直前にメンバーから外れた。それでもチームの中で献身的に取り組んでくれ、野球に対する姿勢は素晴らしかった。チームにもいい影響を与える選手だと感じていただけに、不思議である。

 理由をチームマネジメントからの観点で言えば、特に一塁、三塁というポジションは、外国人選手でも補充ができる。二遊間とは違い、守備力よりも打力が求められる。チームの主砲としての確固たる打力がなければ、いろんな選手の起用が可能なポジションともいえる。その点は、駒がいればいるほど助かる投手とは違う。若手を伸ばし、チーム力の底上げを図りたいと考えているチームは、ベテラン三塁手の獲得になおさら腰を引くことになる。

 メジャーリーグは各選手の年俸高騰に伴う各球団の人件費削減、FA市場の停滞などが叫ばれてきた。イチローはようやくマリナーズと契約したし、上原浩治は巨人に復帰と報じられている。青木宣親はヤクルト復帰を決断した。事情や背景は違うが、今年はベテランの新天地での活躍、意地というものを見られるシーズンとなりそうだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい