鈴木おさむ R-1優勝“ほぼ全盲”の濱田祐太郎を落とし穴に落とせるか?

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

自らの体験をユーモアを交えて語る玉木幸則さん
拡大写真

自らの体験をユーモアを交えて語る玉木...

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回はお笑いと障害者について書く。

【自らの体験をユーモアを交えて語る玉木幸則さん】

*  *  *
 濱田祐太郎さんが、R-1ぐらんぷりで優勝した。ほぼ全盲の芸人さん。

 彼がこのあと芸人としてブレークしていくのか? ぜひしてほしいと思うところだが。

 僕はNHK・Eテレの障害者による障害者のための情報バラエティー「バリバラ」に出演させていただいたことをきっかけに、「ココがズレてる健常者~障害者100人がモノ申す」を企画して作らせてもらった。タイトル通りの番組で、障害のあるみんなといろんなことに挑戦したバラエティー。昨年のその番組の中で、僕がとても印象的だったことがある。「バリバラ」で司会もしている玉木幸則さんというとてもおもしろいおっさんがいる。脳性まひがあり、障害者を支援するお仕事などをしているのだが、動きとしゃべりに障害がある。その日のゲストに、芸人・FUJIWARAの藤本さんがいた。玉木さんは藤本さんに言うのだ、「今から僕のまねをしてください」と。そして、玉木さんは、藤本さんの相方である原西さんのギャグ「なるほど、なるほど、なるほどね~」とパクってみせた。

 で、この玉木さんがパクった感じ、言い方、すべてをまねしろ!というのだ。つまりは障害のある玉木さんのまねをしろと!

 社会で障害のある人のまねを目の前でしたら、人としてダメだ。だけど、そこでは本人が「まねをしろ」と言う。藤本さんは、まねをする。だけど、やはり手加減がある。玉木さんにだめ出しされて、全力で玉木さんのまねをした。

 僕は笑った。おもしろかった。玉木さんも爆笑だ。スタジオの人も笑っている。だけど、僕は100%の全力で笑っていたかというと、正直、のどに罪悪感の骨が引っかかっていたのは事実だ。それでも、僕は「バリバラ」などに何度か参加させてもらっているので、その引っかかりの骨は小さいほうだったのだと思う。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック