ミッツ・マングローブ「オカマの性も揺るがす『そだねーJAPAN』最強女子力」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「オカマの性も揺るがす『そだねーJAPAN』最強女子力」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

今回は「そだねーJAPAN」を取り上げる(※写真はイメージ)

今回は「そだねーJAPAN」を取り上げる(※写真はイメージ)

 勝敗を分ける大事な一投に対し「右かなー?」「左もアリだよねー」「そだねー」「右だねー」「いいと思ーう」なんてノリ(あくまでイメージ)で意思を疎通させ、共有し、判断を下し、そして的確に命中させるのです。私には死んでもできない。所詮自分は『女を装う』と書いて女装なのだと痛感しました。それぐらい彼女たちは眩しかった。普段なら負け惜しみで「フン! この小娘が」ぐらいの捨て台詞を吐くところですが、今回だけは彼女たちの淀みなき女子力の高潔さにひたすら清々しさを覚えるばかり。何よりも、彼女たちに萌えられないことが、心底「悔しい」「もったいない」と思ったのが凄い。この私に、生まれて初めてオカマであることを後悔させた女子。それが『ロコ・ソラーレ北見』。

 憧れではなく、「ノンケ男になって、彼女たちと合コンがしたい」と思うって、これはオカマ的にはとんでもない精神的クーデターです。もし今、彼女たちが合コンをやろうものなら、あらゆる上玉男子がひょいひょい集まること必至でしょう。「いちばん右どうかねー?」「悪くないねー。でも左から2番目もアリだよねー」「そだねー。イイ人そうかもねー」「したっけ2番行ってみるー」「うん、いいと思ーう」。どう考えても最強じゃないですか。東京でやる際は、いつでも私の店を開放しますよ。

週刊朝日 2018年3月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい