ミッツ・マングローブ「オカマの性も揺るがす『そだねーJAPAN』最強女子力」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「オカマの性も揺るがす『そだねーJAPAN』最強女子力」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

今回は「そだねーJAPAN」を取り上げる(※写真はイメージ)

今回は「そだねーJAPAN」を取り上げる(※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「そだねーJAPAN」を取り上げる。

*  *  *
 女子たちのたわいもない会話、いわゆるガールズトーク? 私が最も苦手とするもののひとつです。学校、オフィス、電車、飲み屋に至るまで、彼女たちのよく通る高音が織り成すグルーブ感を少しでも察知すると、昔からどこかに逃げたくなります。基本的に3人以上の他人の話し声が無抵抗な状態で耳に入ってくること自体、できれば遠慮したいと思いながら生きているので、男女関係ないのですが、それでも女同士のあの和気あいあいとした会話って何なのでしょう。控えめな平和な空気をコトコト煮込むような混沌とした言葉の垂れ流し感。そして何かを言った後に発せられる根拠のない笑い声。あれを聞いたり見たりしていると怖くなってくるのです。

 一方で苦手というのは裏を返せばコンプレックスでもあるわけで。自分が、彼女たちのように軽快かつ無責任なコミュニケーションを取る能力に欠けていることは重々承知しています。さすがにこのままではいけないと思い、ここ数年は「あ、その靴かわいい!」とか「なんかお腹減ったよね」といった、私にとってほとんど言うに値しないことも意識的に声に出すよう心がけています。会話はリズム。意味なんて二の次。そして、そんなリズミカルなコミュニケーション能力が、感じの良さや可愛らしさを形成し、さらには恋人ができたり結婚に繋がるのかもと、最近になって分かってきました。

 とはいえ、これは一生克服できない難題だと、改めて見せつけてくれた人たちがいます。先のオリンピックで銅メダルに輝いた日本女子カーリングのお嬢さんたちです。これぞ全方位女子力の塊! 器量の良さも可愛らしさも逞しさもしたたかさも、すべてが細やかで軽やか。競技そのものに興奮、熱狂したのはもちろんのこと、女性に興味ゼロの私が、ともすればちょっと鼻の下を伸ばす勢いで、「ノンケ男だったら、こりゃ堪らんだろうなぁ」と妙な気分で見入ってしまいました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   ミッツマングローブ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加