吉田はビジネス、伊調はエコノミー 栄氏の「パワハラ」はあったのか? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉田はビジネス、伊調はエコノミー 栄氏の「パワハラ」はあったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉耕平週刊朝日
2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得した際の伊調と栄強化本部長 (c)朝日新聞社

2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得した際の伊調と栄強化本部長 (c)朝日新聞社

田南部力氏

田南部力氏

 レスリング女子で五輪4連覇中の伊調馨(33)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラ行為を受けていたとの「告発状」が内閣府の公益認定等委員会に提出され、大騒動になっている。両者の言い分が真っ向から食い違うのだ。

【写真】栄強化本部長から圧力をかけられたという田南部コーチ

 「告発状」によれば、パワハラは2008年の北京五輪の後、高校時代から拠点としていた中京女子大(現至学館大、愛知県)を離れ、東京に転居したころから始まった。

 伊調は全日本男子コーチ(当時)の田南部力(たなべ・ちから)氏の元で男子選手と練習するようになるが、これを至学館大の監督でもある栄氏が快く思わず、田南部氏に伊調への指導をやめるよう迫る、伊調の男子合宿への参加を禁止する、など圧力をかけてきたという。

 12年のロンドン五輪前に、栄氏は選手強化本部長の地位を利用し、伊調を外し別の選手をオリンピックに派遣したいと明言。だが、伊調が実力で出場し3連覇を達成したと記されている。

 16年のリオ五輪直前には、伊調は栄氏らの指示で、(警視庁など)練習所に出入りできなくなり、赤羽のナショナルトレーニングセンターで一人練習。さらにリオ五輪へ向かう機内で、栄氏は「お気に入り」の吉田沙保里、登坂絵莉と共にビジネスクラスに搭乗。一方、伊調は他の選手団と共にエコノミークラスに搭乗したという。

 リオ五輪で4連覇後は拠点としていた警視庁レスリングクラブへの出入りも禁止された。嫌がらせは田南部氏の娘にも及び、レスリング選手としてインターハイ2位となったが、1位と3位の選手は全日本チームに招聘されたのに、娘は栄氏の指示で選ばれなかったというのだ。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい