繁殖用の犬猫400匹をすし詰め 福井県の繁殖業者を刑事告発

2018/03/01 18:43

 約400匹の犬猫を過密な状態で飼育し、繁殖に使っていたとして、福井県坂井市の繁殖業者が1日、公益社団法人「日本動物福祉協会」から動物愛護法違反(愛護動物に対する虐待)などの疑いで県警に刑事告発された。この繁殖業者は、生まれた子犬や子猫を県内のペットショップなどに販売していたとみられる。

あわせて読みたい

  • ペット業界の“すし詰め商法”に環境省が規制へ 飼育ケージをめぐる攻防

    ペット業界の“すし詰め商法”に環境省が規制へ 飼育ケージをめぐる攻防

    週刊朝日

    1/11

    日本はなぜ、フランスのように動物愛護法で犬猫を守れないのか 繰り返される政争

    日本はなぜ、フランスのように動物愛護法で犬猫を守れないのか 繰り返される政争

    dot.

    12/5

  • ペットブームを作り出すテレビの姿勢を問う

    ペットブームを作り出すテレビの姿勢を問う

    GALAC

    3/28

    猫ブームが迎える悲劇 容易な「増産」で純血種の野良も増加

    猫ブームが迎える悲劇 容易な「増産」で純血種の野良も増加

    週刊朝日

    3/13

  • 杉本彩が忘れられない猫 脳に障害の黒猫は必死に生き、眠ったまま静かに旅立った

    杉本彩が忘れられない猫 脳に障害の黒猫は必死に生き、眠ったまま静かに旅立った

    週刊朝日

    12/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す