春風亭一之輔 遅刻癖ある友人の言い訳が羽生結弦で… (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔 遅刻癖ある友人の言い訳が羽生結弦で…

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔#羽生結弦
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

世の中には筋金入りの遅刻魔がいる (※写真はイメージ)

世の中には筋金入りの遅刻魔がいる (※写真はイメージ)

K「だって羽生くん、一番最後なんだもん」

 大トリは宇野昌磨。こいつちゃんと観てないな。だいたいお前は無職なんだから昼間の生中継を観ろ。

K「滑り終わると客席からプーさんが飛んでくるんだよ!」

 嬉しそうなK。無邪気といや無邪気、だが御年42・今年後厄・実家から仕送りをもらう身だ。

K「あれだけプーさんがくれば金だよな。遅れてすまんす!」

『すまんす』で微塵も反省してないのはよくわかるが、プーさんの数で金メダルが決まると思ってるのだろうか? 怖いのであえて確かめない。

T「……宇野昌磨が大トリで銀メダルだぜ。観てないだろ?」
K「マジで!?」

 スマホでテレビを見始めたK。私とTは無視して飲み続ける。ひとしきり酔ったところで「お会計」と告げると「もう一品出ますんで!」と店員。それから30分待たされ、終宴間際にKの頼んだ『鯛のかぶと煮』が登場。じれ気味のTが「早く食えっ!」と急かすと、「ぅう!!」とK。鯛の骨が喉に刺さる。ライチジュースが喉に沁みて苦しむKのスマホには、今日何度目かのクルクル回る羽生結弦。

 ライチジュースとかぶと煮とフィギュアと、後厄の無職。脈絡のなさが無双すぎて、腹を立てるのも馬鹿馬鹿しい。思わずプーさんを投げ込みたくなるほどの、まさしく「待ってました!」な瞬間だった。

週刊朝日  2018年3月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい