斎藤工も主演 ラーメン映画が続々と公開される裏事情 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

斎藤工も主演 ラーメン映画が続々と公開される裏事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
[ラーメン食いてぇ!」の舞台挨拶の最後に、ラーメンを食す、熊谷祐紀監督、中村ゆりか、林明輝さん(左から)(撮影・大塚淳史)

[ラーメン食いてぇ!」の舞台挨拶の最後に、ラーメンを食す、熊谷祐紀監督、中村ゆりか、林明輝さん(左から)(撮影・大塚淳史)

映画「ラーメン食いてぇ!」完成披露試写会で、舞台あいさつをする主演の中村ゆりか(撮影・大塚淳史)

映画「ラーメン食いてぇ!」完成披露試写会で、舞台あいさつをする主演の中村ゆりか(撮影・大塚淳史)

「実は2008年にハリウッドで制作されたラーメン映画『ラーメンガール』が公開されました。ブリタニ―・マーフィー(故人)演じる主人公が、西田敏行演じるラーメン店主の下で修行する異色の内容です。ただ、当時はまったく話題になりませんでした。ヒットしない題材にはやはり手を出しません。だからラーメン映画がほとんど作られなかったのかもしれない」(平野さん)

 では、なぜこの時期なのか。平野さんは続ける。

「やはり、昨今増えている訪日外国人が日本の食文化であるラーメンを楽しむ、あるいは日本のラーメン店が海外にどんどん進出する、こういったことが背景にあるのではないでしょうか」

 ラーメンと時代が合致してきた。映画制作の資金も集まっているのだろう。

「キャスティングありきで作ってきたのがアイドル映画。今はラーメンの人気が高いから、ラーメン映画を作ろうという動きがあるということ。ある意味、ラーメン映画はアイドル映画です」(同)

 日本人は昔からラーメン好き。どんな街にもラーメン店は大抵ある。これを機にラーメン映画ブームが一気に広がるのではないだろうか。

「今回のラーメン映画がヒットすれば、横浜家系ラーメン、みそラーメンと、ラーメンの種類だけ映画ができるかもしれません(笑)」(同)

(本誌・大塚淳史)
週刊朝日 オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい