津田大介「広告主が問うプラットフォーム企業の責任」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「広告主が問うプラットフォーム企業の責任」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

米カリフォルニア州にあるグーグル本社。プラットフォーム企業には批判も高まっている(c)朝日新聞社

米カリフォルニア州にあるグーグル本社。プラットフォーム企業には批判も高まっている(c)朝日新聞社

 この数年、デジタル広告をめぐっては、不適切なサイトやコンテンツに掲載されることで、企業や製品のブランド価値が損なわれるのではないかという「ブランドセーフティー」への懸念が高まっていた。

 既に多数の企業がグーグルやフェイスブックから広告を引き揚げる決断を下している。16年11月には、シリアルメーカーの「ケロッグ」を始めとする複数の企業が、オルタナ右翼サイト「ブライトバート・ニュース」への広告出稿を停止。17年3月にはテロやヘイトをあおるビデオに広告が掲載されていたとして、また11月には子どもへの不適切な内容やコメントを含むビデオが野放しになっているとして、多数の企業がユーチューブへの広告出稿を停止している。

 ウィード氏は18年を「テックラッシュ(大手テクノロジー企業への反発)の年にするか、それとも信頼回復の年にするか」という選択をプラットフォーム企業に迫っている。

 フェイクニュースやヘイトスピーチの温床となったプラットフォーム企業の問題は、単なる企業倫理の課題にとどまらず、彼らのビジネスの根幹に波及しつつあるのだ。

週刊朝日 2018年3月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい