東尾修 巨人・菅野に「『インスラ』の快感を味わえ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修 巨人・菅野に「『インスラ』の快感を味わえ」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

巨人菅野のインスラはV3目指す広島打線の脅威となるだろう

巨人菅野のインスラはV3目指す広島打線の脅威となるだろう

 昨年は沢村賞を獲得するなど、名実ともに日本球界ナンバーワンの投手となった。打者からすれば「追い込まれたら、最低限球数を投げさせよう」と菅野に対して考える。ファウルでカットされるなど粘られて、球数はかさんでしまう。これは絶対的な存在ならではの悩みでもあるが、相手に意識のない意外性のあるボールとして、追い込んでから1球で終わらせられる可能性があるのが「インスラ」だ。完投数を増やし、年間200投球回を投げるためには、省エネで投げることも必要。彼の高度な取り組みには共感できる。

 巨人は今季、リーグ2連覇中の広島を倒して、V奪回が最優先課題である。そのためには、菅野は広島戦に負けてはいけない。広島には鈴木誠也をはじめ、新井、エルドレッドなど右の強打者がいる。私が阪急相手に使ったように、1試合の中で1、2球でもいいから、選択肢として「インスラ」があれば、抑えられる可能性は高くなる。

 菅野のようなエースならば、オープン戦の結果は関係ない。今はシーズンで使える武器を増やすために時間をあてられる。西武の菊池はフォークボールに磨きをかけているという。球界を代表する投手の、キャンプでの新たな取り組みを見るのも、また面白い。

週刊朝日 2018年3月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい