不祥事や倒産も…企業が陥る「不条理」を回避するには (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不祥事や倒産も…企業が陥る「不条理」を回避するには

このエントリーをはてなブックマークに追加
中川透週刊朝日
菊澤研宗(きくざわ・けんしゅう)/著書に『戦略学』(ダイヤモンド社)、『なぜ「改革」は合理的に失敗するのか』(朝日新聞出版)など

菊澤研宗(きくざわ・けんしゅう)/著書に『戦略学』(ダイヤモンド社)、『なぜ「改革」は合理的に失敗するのか』(朝日新聞出版)など

――経済合理性と比べ、哲学的な面は、評価が難しいのではないですか
「その点は、大学での学生の評価でも感じます。例えば、二人の学生にプレゼンをしてもらうとします。二人ともほぼ徹夜で30枚ほどのスライドをつくって準備する。一人は自分の論理展開の誤りに途中で気づいたが、強引にまとめて30枚のスライドで発表する。もう一人は同様に論理の誤りに気づき、スライドを大幅に削った。わずか10枚ほどとなり、一見すると、見劣りする内容になった。

 こうした時に、誤ったロジックでも堂々と発表する人と、自分に正直に貧弱な発表をした人に、それぞれどんな評価を与えるか。人を見る側も問われます。

 企業の人事評価でも、業績は高いが不正を行うような人と、業績はやや劣るが誠実な仕事ぶりの人をそれぞれどう評価するか。業績など目に見えやすいものばかり追っていると、危険な組織になってくる。経済合理性と哲学的な側面とを重層的に評価することが大切であり、それこそがリーダーの大きな役割でしょう。
(構成=本誌・中川透)

週刊朝日 2018年2月23日号より加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい