鈴木おさむ「僕が垣間見た小室哲哉さん、KEIKOさんの真実」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ「僕が垣間見た小室哲哉さん、KEIKOさんの真実」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

涙ながらに会見した小室哲哉さん(撮影/上田耕司)

涙ながらに会見した小室哲哉さん(撮影/上田耕司)

 二人の関係には嘘や意地がなさそうで、プロデューサー・小室哲哉ではなく、人間・小室哲哉でいることができたのだろう。

 結婚しても本当の自分を出せない人なんてたくさんいるだろう。家に帰った途端、その自分を演じなければいけない人も少なくないはずだ。

 本当の自分でいられる人と出会えるのって、奇跡的なことだと思う。

 そんなKEIKOさんが病に倒れて、表舞台から姿を消した。妻・KEIKOさんの介護をしている中での記事。

 小室さんはKEIKOさんのことを絶対に愛しているはずだ。愛しているのに、なぜ、あんなことをするんだと糾弾する人が多いのもわかる。

 僕が10年前に見た小室さんの姿は、本当に人を愛する男性の姿であったし、その気持ちはきっと変わらないと思いたい。

 介護という、経験した人にしかわからない生活の中で、小室さんの行動が、KEIKOさんにとって裏切りだったのかどうか? 周りがどれだけ推察しようが、それはKEIKOさんしかわからないことだと思う。

週刊朝日  2018年2月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい