丸山茂樹 東京オリンピックのゴルフ競技に「なんだかなぁ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 東京オリンピックのゴルフ競技に「なんだかなぁ」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

東京オリンピックまで2年(※写真はイメージ)

東京オリンピックまで2年(※写真はイメージ)

 話は変わりまして、米PGAツアーの「ソニー・オープン・イン・ハワイ」(1月11~14日、米ハワイ州ホノルルのワイアラエCC)で、片岡大育(29)が18位に入りました。去年12月のマルジュニアにお手伝いで来てくれた、ナイスガイです。

 目標だった米ツアー初のトップ10には届きませんでしたけど、正月1発目の試合にしては、感触よく終われたんじゃないでしょうか。正直、こっちでテレビを見てるとあまり映らないんでよく分かりませんでしたけど、ショットメーカーだけに、安定したティーショット、セカンドショットが打てたんでしょう。

 もともと海外志向が強い男です。国内ツアーでは15年から毎年1勝ずつしてて、着実に力はついてきてると言えるでしょう。ここからは、精度を少しずつでもいいから高めていくことでしょうね。ギリギリするような勝負を勝ちきるために、自分には何が足りないのか。そこを見つけて、磨いていくことが必要になってくるでしょうね。いまはまんべんなく上手ですけど、何か一つ「これだ」っていうとっておきの武器を見つけるのが大事かなと思います。

 この先、ミャンマー、マレーシア、オーストラリアと転戦するそうなので、しっかり体調管理をして、飛躍の年になるよう頑張ってほしいです。

週刊朝日 2018年2月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい