ラブラブだと高まる受験勝率 リア充は受験も強い!? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラブラブだと高まる受験勝率 リア充は受験も強い!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日#大学入試#教育

今年のセンター試験に臨む受験生たち=13日、東京都文京区の東京大 (c)朝日新聞社

今年のセンター試験に臨む受験生たち=13日、東京都文京区の東京大 (c)朝日新聞社

調査結果によると恋愛は必ずしも受験の障害ではなさそうだ(写真:河合塾提供)

調査結果によると恋愛は必ずしも受験の障害ではなさそうだ(写真:河合塾提供)

 逆に、余裕がなくて別れないと勉強に集中できないような人は、合格率も伸び悩むのかもしれない。

 彼女や彼氏もいて、希望大学にも合格されては、多くの「非リア充」は立つ瀬が無い。だが、安心して欲しい。恋愛禁止は間違いだとは言い切れないようだ。新上さんは受験期間中から始まる恋愛や交際は勧めないと断言する。

「片思いの人は『相手が何を考えているかわからない』という不安で、時間をロスしている方が多い。いつもは『早く勝負しようよ』とアドバイスすることが多いですが、受験期は失恋したときのデメリットが大きい。成功しても、その後コミュニケーションをしっかりしていかないといけないので、受験生には負担が大きい。恋愛を先送りして、受験に成功したら告白するなどモチベーションにつなげるといいと思います」

 思春期の恋愛は、移ろいやすく壊れやすい。交際すれば、合格率が単純に上がるわけではなさそうだ。いまはセンター試験も終わり受験シーズン真っ盛り。多くの「非リア充」のみんなも安心して頑張ろう。(本誌・吉崎洋夫)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい