夜食にスナック菓子はNG…管理栄養士おすすめは「りんごと生姜」レシピ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夜食にスナック菓子はNG…管理栄養士おすすめは「りんごと生姜」レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#レシピ#健康#大学入試

りんごの肉巻きの生姜焼き(撮影/写真部・岸本絢)
[材料](2人分)
りんご1個(くし形に切る)、豚肩ロースしゃぶしゃぶ用肉200g、塩、こしょう各少々、小麦粉適量、サラダ油大さじ1、生姜大1かけ(すりおろす)、A(しょうゆ・みりん・酒 各大さじ1)
[作り方]
①肉を広げて塩、こしょうをふり、小麦粉をうすくふってりんごを巻く。②フライパンにサラダ油を熱し、①の巻き終わりを下にして入れて、周囲を焼いて、弱火にして蓋をし、火を通す。③蓋を取り、余分な油をキッチンペーパーでふいて、A、生姜を加えてからめる。

りんごの肉巻きの生姜焼き(撮影/写真部・岸本絢)
[材料](2人分) りんご1個(くし形に切る)、豚肩ロースしゃぶしゃぶ用肉200g、塩、こしょう各少々、小麦粉適量、サラダ油大さじ1、生姜大1かけ(すりおろす)、A(しょうゆ・みりん・酒 各大さじ1)
[作り方] ①肉を広げて塩、こしょうをふり、小麦粉をうすくふってりんごを巻く。②フライパンにサラダ油を熱し、①の巻き終わりを下にして入れて、周囲を焼いて、弱火にして蓋をし、火を通す。③蓋を取り、余分な油をキッチンペーパーでふいて、A、生姜を加えてからめる。

りんごと生姜のレンジコンポート(撮影/写真部・岸本絢)
[材料](2人分)
りんご1個(いちょう切りにする)、生姜1かけ(千切りにする)、砂糖大さじ2
[作り方]
材料を耐熱ボウルに入れて、さっと混ぜ、ラップを落とし蓋状にのせ、さらにふんわりとラップをしてレンジ600Wで5分加熱し、そのあと2分ほど蒸らす。

りんごと生姜のレンジコンポート(撮影/写真部・岸本絢)
[材料](2人分) りんご1個(いちょう切りにする)、生姜1かけ(千切りにする)、砂糖大さじ2
[作り方] 材料を耐熱ボウルに入れて、さっと混ぜ、ラップを落とし蓋状にのせ、さらにふんわりとラップをしてレンジ600Wで5分加熱し、そのあと2分ほど蒸らす。

牧野直子さん(まきの・なおこ)/管理栄養士。女子栄養大学卒業。在学中から栄養指導に携わる。雑誌、テレビほか、病院や保健センター等で活動中。監修の『世界一やさしい! 栄養素図鑑』(新星出版社)が好評発売中

牧野直子さん(まきの・なおこ)/管理栄養士。女子栄養大学卒業。在学中から栄養指導に携わる。雑誌、テレビほか、病院や保健センター等で活動中。監修の『世界一やさしい! 栄養素図鑑』(新星出版社)が好評発売中

「これはりんごと生姜を使ったおかずです。くし形に切ったりんごを、塩・こしょう・小麦粉をふった豚肩ロースしゃぶしゃぶ用肉で巻き、サラダ油で焼くだけです。そしてすりおろした生姜を含む調味料をからめてできあがり。15分以内に作れる簡単おかずですよ」

 りんごは加熱すると甘みが増す。また、しんなりやわらかくなって、豚肉との相性も抜群だ。

「豚肉の生姜焼きプラス、りんごのソテーのおかずです。りんごは加熱するとけっこう食べ応えがありますから、食べすぎ防止に役立ちます。受験勉強中はストレスがたまって、子どもがついついいろいろなものを食べすぎて胃もたれしたり、胸やけしたり……なんてこともありがちです。そういうことで体調をくずしたりしないように、この『りんごの肉巻きの生姜焼き』をぜひ活用していただきたいですね。ごはんのおかずや、お弁当のおかずに。ちょっと多めに作って冷蔵庫で保存しておけば3日はもちますので、便利ですよ」

 そしてもう一品は、電子レンジでびっくりするほど簡単に作れるデザート「りんごと生姜のレンジコンポート」だ。

「これは、りんごをいちょう切りにし、生姜の千切りと砂糖と混ぜて、レンジでチンするだけでできます」

 生姜の辛みとりんごの甘みが見事にマッチした一品。夕飯のあと、子どもが勉強しているときに夜食として出してあげるのにぴったりのデザートだ。

「果物は1日に約200グラムはとったほうがいいんですよ。冬は乾燥していますから水分補給にもなりますし、食物繊維も補えますからね。受験のシーズンならビタミンCが豊富なみかん1個とりんご4分の1個を毎日食べるのがおすすめです。果物は家で食べる習慣がないと全然食べなかったりするものですが、なるべく大人も意識して、子どもに食べさせるようにしましょう」

 子どもが夜食にスナック菓子を食べるのは、なるべく控えるようにしたい。

「やはり明らかに脂質が多いので、夜中に食べる習慣がつくのは、カラダにとってよくないと思います」

 受験日まで子どもが風邪を引かずにいられるように心がけることは、


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい