SMAPの30年は「生きる勉強」 香取慎吾「もう後戻りはできません」 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SMAPの30年は「生きる勉強」 香取慎吾「もう後戻りはできません」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本朋史,工藤早春週刊朝日

香取慎吾(かとり・しんご)/1977年、神奈川県生まれ。88~2016年はスマップのメンバーとして歌手、俳優、司会など幅広く活躍。17年に新しい活動をスタートさせた(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

香取慎吾(かとり・しんご)/1977年、神奈川県生まれ。88~2016年はスマップのメンバーとして歌手、俳優、司会など幅広く活躍。17年に新しい活動をスタートさせた(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

橋田壽賀子(はしだ・すがこ)/1925年、韓国ソウル生まれ。脚本家として「おんな太閤記」「渡る世間は鬼ばかり」など、数々のヒット作を生み出す(撮影/門間新弥)

橋田壽賀子(はしだ・すがこ)/1925年、韓国ソウル生まれ。脚本家として「おんな太閤記」「渡る世間は鬼ばかり」など、数々のヒット作を生み出す(撮影/門間新弥)

対談する橋田壽賀子さん(左)と香取慎吾さん(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

対談する橋田壽賀子さん(左)と香取慎吾さん(撮影/門間新弥、スタイリスト/黒澤彰乃、ヘア&メイク/石崎達也[STRIPE])

 スマップのコンサートにはよく行かせていただいた。私が若い人の音楽にひかれた時にスマップがいた。そんなに新しくはないし古くもない。カッコイイのが5人歌っているのを見たくて、時間さえあれば必ずコンサートには行きました。

香取:新しすぎず古くない感じはありました。年々新しいジャンジャカしたものも出てきて、やりたい気持ちはありましたが、それはちょっと違うと。ステージでも新しいものをやっても反応はいまひとつでした。

橋田:そういう「ほどの良さ」が私の世代に合っていた。それでずーっとついていった。香取さんにとってスマップとはどんな存在でしたか。

香取:約30年ですから。生きる勉強をさせていただきました。

橋田:自分を見つめるまでに成長させてもらった、というのはよくわかります。5人でいろいろな人と比べられながら勉強したと思います。

香取:40年生きてきたうちの30年ですから。自分のすべてですね。それがあるからこそ、今もこれからもあると思います。

橋田:いい30年を過ごしたからこそ、これからの人生の選択ができると思う。そろそろ結婚したら人生、地に足が着いてきますよ。

香取:最近、人生の先輩たちが結婚を勧めるんです。萩本欽一さんとお話しさせていただいた時も結婚しないのかと言われました。なぜみんなそう言うのかな。

橋田:家庭を持つと自分の才能を開花できると思う。逆に家庭に縛られて自分のエネルギーを女房に取られてしまうと嫌がる人もいる。価値観の違いというか個性の違いです。あなたが嫌いならいいと思います。

香取:それほど嫌いという訳ではないんですが。

橋田:結婚して子どもを持つと変わりますよ。子どもができなかった私が言うのもなんですが。

香取:あまり子どもとか考えたことはないです。

橋田:いい意味で自分が子どもだものね。

香取:そういうところはあります。子どもの人生を考えるより、まだまだ自分が何かしたいという気持ちが強い。もっと自分を見たいという感じです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい