AERA dot.

北原みのり「まともな電車に乗りたい」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

昨年起きた新幹線の“亀裂騒動”について(※写真はイメージ)

昨年起きた新幹線の“亀裂騒動”について(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、昨年起きた新幹線の“亀裂騒動”について。

*  *  *
 新幹線の台車の亀裂の映像が、頭から離れない。12月11日、博多駅を出発したのぞみ号が、異臭や異常音を確認しながらも、名古屋まで走り続けてしまった重大事態。鋼鉄製の台車枠の亀裂は、あと3センチで完全破断だった。あと1センチ亀裂が入れば、あっという間に破断していただろう。出発して1時間後には、乗客からもやがかかっていると、声もあがったという。それでも止められなかった時速300キロは、いったい誰のためのものだったのだろう。

 生と死の境目は、たったの数センチ。そして私は、自分がその新幹線に乗っていたような、というより、今、正にそのような車両に乗っているのではないのかという不安を抱えていることに、生々しい鋼鉄の亀裂を前にして気がついた。危機が迫っているのを感じながらも、降りたくても降りられない、止めたくても急には止められない、そんな感覚は、今の日本で多くの人が味わっているものではないか。

 保守担当者が電話で運行の指令員に「安全をとって新大阪で床下(点検)をやろうか」と言ったときに、指令員が上司に横から報告を求められたので受話器を耳から外して聞き逃した、とJR西日本は発表していた。あまりのことに記事を二度見したが、本当にそう書いてあった。こんな報告、真顔でされるこっちの身にもなってほしい。だけれど、こんなマヌケな言い訳が許されるほど、私たちは鈍くなっているのだと思う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   北原みのり , 新幹線 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加