KinKi Kids・堂本剛 今の症状を明かし「支えられて愛を感じた」 (5/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KinKi Kids・堂本剛 今の症状を明かし「支えられて愛を感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル,野村美絵週刊朝日

デビューから20年が経ったKinki Kids(※写真はイメージ)

デビューから20年が経ったKinki Kids(※写真はイメージ)

──ファンの方に、改めて伝えたいことは?

 ラジオではけっこう素直にしゃべっているので、すべて伝わっていると思いますけど。自分のための人生を生きるのは難しいけど、それは本当に大切なことだから、みんなにも考えてもらえたらいいなと。僕は今の自分に対して、「ちょっと重たい話だけど」「暗い話になりますが」とか、そういう枕詞をつけられるのは悔しいんですね。僕はこの状況で生きていかなくちゃいけなくて、そのなかで光を探している。現状こうなんでしゃあない。自分のこの状況を、全部しゃべっていいと思っている。ファンの人に対して、本音の言葉を伝えて、本気で向き合うというのは、僕の人生の目標の一つですから。

──今、剛さんのプライベートの癒やしは?

 ハッキリ言って今はないですね。このあとドームでのライブがありますから、ヘンにゆるい気持ちで生きていたらリズムがおかしくなる。気を張っているわけではないけれど、リラックスとか癒やされようとか、考えてないですね。僕にとって「リハビリ」だと思ってステージに立つことはありませんから。1月1日のライブが終わってから、ようやく何かを考えられるのかなと思っています。

(構成/太田サトル、野村美絵)

*7月1日放送の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)で、嵐の相葉雅紀さんと松本潤さんが光一さんと共演、「愛されるより 愛したい」を披露した。

週刊朝日 2018年1月5-12日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい