錦戸亮「ええ具合の絶妙なエロさ」 優香と映画で共演し…

直木詩帆週刊朝日
 2018年2月に俳優の錦戸亮さん主演で公開される映画「羊の木」。錦戸さん演じる市職員として働く架空の町を舞台に、元受刑者である男女6人の新住民と市民とのせめぎ合いを描いたヒューマンサスペンスです。作家の林真理子さんが撮影の舞台裏を伺いました。

*  *  *
林:ネタバレになるからあんまり言えないけど、そういうふつうの青年の中にも毒みたいなものが潜んでいる。フッと毒を出していく主人公の青年のあの感じが、ほかの6人に劣らないぐらいコワいというか、不気味さがありました。

錦戸:撮影のときも、6人の皆さんとは、出会いのシーンからクランクインすることが多かったんです。だから探り探り始まっていきました。「この人、ほんまはどんな人なんやろ」と演技だけでなく、本心でもそう思って、わからんまんま進んでいきました。

林:松田龍平さんが静かで不気味な演技をするじゃないですか。ああいう演技を受けるのってやりづらくないですか。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック