北原みのり「おかえりなさい! 東方神起」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「おかえりなさい! 東方神起」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

東方神起が約2年間の厳しい兵役からの完全復活(※写真はイメージ)

東方神起が約2年間の厳しい兵役からの完全復活(※写真はイメージ)

 たとえ身内が亡くなってもステージに立つのが芸能人なのかもしれないが、亡くなったのは他でもない、東方神起にとっても、K-POPファンにとっても大切なジョンヒョンだった。だからこそ東方神起は、“いつも通りに振る舞う”ことをしなかった。もちろんいつもと同じ演出で、東方神起の歌もダンスもファンを熱狂させるものだった。それでも何故だろう。私には東京ドームの3時間が、死を感じ、死者を悼む時に感じられた。それは演出としてではなく、東方神起本人たちがそう感じているからそう伝わるというもので、二度と再現できない、悲しみだった。

 ライブの最後に、二人がファンに語りかける時間がある。そこでチャンミンがこんな話をした。

「人には出会いと別れがある。それは自然なことだと思うんです。でも、そういう自然的なことが認められない残酷なことがあると思います」「冬、とても寒いじゃないですか。手をつないで、抱き合って、慰めて、暖かい時間を皆さんも是非。気がつかないで一人でこっそり傷を持っている人がいるかもしれないから」

 光の中で踊りながら死と向き合い、言葉を尽くして死を語りファンに向き合おうとするスター。彼らの存在の意味は何だ。ライブ会場から出て、そんなことを考えながら歩いていたら、前方から来た男性に、すれ違いざま肩をドンッと小突かれた。邪魔だったのだろう。この国で女でいると、時々こういうことをされる。でも、こんな夜は腹が立たない。ただただ、そんな社会とはサヨナラ。今はただ、手を取り合って温めあうような、そんな関係を手放さないでいるために、愛について考えたい。

 つらい別れを体験した人も。全ての人にとって2018年が優しいものになりますように。

週刊朝日 2018年1月5-12日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい