変装のほかにもメリットあり? タレントに“帽子率”が高い理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

変装のほかにもメリットあり? タレントに“帽子率”が高い理由

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「NEW EraR」は米ニューヨーク州で1920年に創業。ベースボールキャップの製造は34年から始まり、現在ではスポーツチームキャップのカスタムモデルや、ブランドとのコラボモデルが多数ある。阪神タイガースは定番のモデルのほか、限定品もある。阪神タイガース [59 FIFTYR]。5800円(税抜き)。ニューエラ直営店、ニューエラ正規取扱店で販売中

「NEW EraR」は米ニューヨーク州で1920年に創業。ベースボールキャップの製造は34年から始まり、現在ではスポーツチームキャップのカスタムモデルや、ブランドとのコラボモデルが多数ある。阪神タイガースは定番のモデルのほか、限定品もある。阪神タイガース [59 FIFTYR]。5800円(税抜き)。ニューエラ直営店、ニューエラ正規取扱店で販売中

 その大半が、メジャーリーグのベースボールキャップで唯一の公式選手用キャップオフィシャルサプライヤーの「ニューエラ」のもの。同社は、間もなく創業100周年を迎える老舗のヘッドウェアメーカー。ショップは、日常的にかぶる「ベースボールキャップの殿堂」と言われているそうだ。

 スポーツチームから各業種の多様なブランド群とのコラボモデルなど品揃えの豊富さに加え、無料で形を整えるサービスも人気。ニューエラ直営5店舖(NEW ERA TOKYO、NEW ERA SHINJUKU、NEW ERA OSAKA、NEW ERA LALAPORT YOKOHAMA、NEW ERA EBINA)には、蒸気、熱、圧力を利用してキャップを美しい状態に整えるための、キャップケアマシンを導入しており、ニューエラ製品であれば、その店舗で購入したものでなくてもOKだという。

 そんな「ニューエラ」がコラボする「虎キャップ」は、吉本や松竹芸能所属の“虎党芸人”らが、よくかぶっている。球場での観戦中はもちろんだが、それが「虎党の正装」なんだとか。

 そういえば息子に「甲子園」と名付けたダンカンや、貴乃花親方のモノマネで再び注目される松村邦洋、映画「火花」監督の板尾創路も私服コーデに虎キャップを加えている。

 実は女性タレントやモデルにもベースボールキャップはトレンド。こちらは「正装」とは言えないが……。

週刊朝日  2017年12月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい