パックンがスター・ウォーズ最新作「最後のジェダイ」の展開を大予想! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パックンがスター・ウォーズ最新作「最後のジェダイ」の展開を大予想!

このエントリーをはてなブックマークに追加
前作「フォースの覚醒」をハン・ソロのコスプレで観に行ったときの写真。隣のストームトルーパーはキャスターの堀潤氏

前作「フォースの覚醒」をハン・ソロのコスプレで観に行ったときの写真。隣のストームトルーパーはキャスターの堀潤氏

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

レイア・オーガナ役/キャリー・フィッシャー (c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

レイア・オーガナ役/キャリー・フィッシャー (c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved./配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

「スター・ウォーズ」シリーズ第8作にして最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」がいよいよ明日12月15日に公開される。

“衝撃作”と名高いものの、いまだ謎に包まれたままの今作について、お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンことパトリック・ハーランさんが、長年のスター・ウォーズ愛に基づく展開予想を、「週刊朝日」2017年12月22日号(12月12日発売)で披露している。

【写真特集】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」記者会見の様子を紹介!

***

 アメリカには「ダラー・シアター」といって、1年以上前の作品を1ドルで上映する映画館があって、たいていの映画はそこで観ました。でも「スター・ウォーズ」は全部、ちゃんとした映画館で観てるんです。最初の4(のちの「新たなる希望」)は、夏休みにオクラホマ・シティにあるお祖父ちゃんお祖母ちゃんの家に行っていた時、叔父さんに連れて行ってもらいました。5「帝国の逆襲」、6「ジェダイの帰還」はコロラドで、その後は東京で観ました。

 好きなキャラクターは、ハン・ソロです。冷たいアウトローを演じながら、結局は良心にかられて帰ってきて助ける。そんな性格が好き。ならず者なんだけど、いい奴なんです。

 ハン・ソロとレイア姫とのからかい合いも好き。「愛している」と言われて「I know」と答える。たまんないですよね。ハリソン・フォードは、間合いの取り方がうまいし、表情がいいんです。

 王道だけど、一番印象に残っているのは、ダース・ベイダーがルークに、父であることを告げるシーン。あれを最初に観た時は、すごくショックだったことを覚えています。吐き気が出るくらい。

 同じように深い気持ちが動いたのが、前作「フォースの覚醒」でレンがハン・ソロを殺すシーン。死ぬんだと読んでいたけど、やっぱり気持ち悪かったですね。あの殺し方はえぐかった。父が息子のほっぺを触って、落ちていく。

 今作の予想をするうえでヒントになるのは、前作の作り方。

 前作「フォースの覚醒」は、4~6のテンプレートをきちんと守っていました。砂漠の惑星からスタート。売られそうになったドロイドが主人公の手に入る。悪党がやって来て追われて、レジスタンスと合流する。主人公の一人が捕まって、助けに行く。強大な攻撃力を持つ基地を破壊する。そうそう、宇宙人バンドが演奏するバーに行くのも一緒です。

 今回もテンプレートを守るでしょうから、レイはルークのもとで修行するけど、途中で逃げ出すはず。誰かが捕らえられ、助けに行くでしょう。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい