梅宮辰夫「いつも俺が弁当を作ったけど、よく揉めた」松方弘樹さんを追悼

松岡かすみ週刊朝日#お悔やみ

松方弘樹さん(c)朝日新聞社 (11:30)週刊朝日

松方弘樹さん(c)朝日新聞社 (11:30)週刊朝日
 今年1月、時代劇・やくざ映画で男くさい役どころを熱演した松方弘樹さんが亡くなった。マグロ釣りをするなど長年にわたり親交のあった梅宮辰夫さんが、6月6日に東京・港区の東京プリンスホテルで催された偲ぶ会でコメントを寄せていた。

【追悼・2017年に亡くなった主な著名人はこちら】

* *  *
 弘樹! お前と知り合って、もう何十年経つだろう。35年前にアラスカにキングサーモンを釣りに行ったときのことを覚えているか? 釣りの最中にお前は「4歳違いは、70歳過ぎたら違ってくるぜ!」と言っていたな。お前より先に死んでたまるかって言っていたけれど……お前の方が先に逝っちまったな。寂しい。

 釣りに行くときはいつも、俺が弁当を作ったけど、その大きさでよく揉めたな。でも、俺の弁当が食いたくなったら、いつでも言え!すぐに作って、どこへでも届けてやる。

 入院の最中に、お前に「退院したら沖縄に行って、リハビリしようぜ」って言ったな。来週、沖縄の宮古島へ行く。お前もついてこい。もう一度、カジキとマグロの釣り方、きっちり教え込んでやるから。なあ。じゃあな。

(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2017年12月22日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック