最終戦で2位の石川遼 「非常にもったいない」点を丸山茂樹が指摘 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最終戦で2位の石川遼 「非常にもったいない」点を丸山茂樹が指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹は大相撲の問題で何を思った?

丸山茂樹は大相撲の問題で何を思った?

 締め切りの関係で詳細は来週号でお伝えしますが、インスタグラムなんかでアップされてる練習の様子を見ると、悪くないですね。これを繰り返していったときに、体にどんな症状が出るかですね。今回うまくいったから次も同じようにいくってのは、なかなかないんですよ。ゴルフって。そういう意味ではこのエキシビションマッチは一つのスパーリングみたいなもんで、この後からでしょうね、本番は。PGAツアーになって予選落ちがあり、タフなコースになったときにどうなるかです。

 まあ2月に腰の状態が悪化して試合から離れて、4月に手術して、5月に薬の影響下で車を運転して逮捕されて。ほんとに波瀾万丈ありましたけど、やっぱりタイガーはスーパースターなんです。彼が出てきたらみんな喜ぶし、彼がゴルフ場にいると、すごく映える。その雄姿をみんなに見せていってもらいたいですね。まだ若いですし。

 話は変わりまして、大相撲の問題で、貴ノ岩関を殴った横綱の日馬富士(33)が引退しました。残念としか言いようがないですね。僕は面識はないんですけど、スタイリッシュな力士だなあと思ってました。千代の富士さんの再来みたいな。仕切りの最後にグーッと腕立て伏せみたいにして、顔を土俵に近づけるじゃないですか。あれもいいなあと思ってました。立ち合いの馬力もすごかったですからね。

 そんな横綱が朝青龍関に続いて、こういうことで土俵を去らないといけない。まだできるのに、去らないといけない。歯がゆいですね。この時代、暴力はダメなんです。前例があるじゃないですか。モンゴル人力士の先輩である朝青龍関がそうだし、政治の世界でも豊田真由子さんが秘書に暴力を振るったとかね。それにしても残念です。

週刊朝日  2017年12月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい