車掌「カメを落とされたお客様は…」新幹線で起きた珍事の犯人 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

車掌「カメを落とされたお客様は…」新幹線で起きた珍事の犯人

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
あの人のカメです(※写真はイメージ)

あの人のカメです(※写真はイメージ)

 その日、大センセイは二列シートの窓側に座って、東京から京都に向かっておられた。隣、つまり通路側の席には男が座り、股の間に白いズックの手提げ鞄を置いていた。布でカバーがしてあったが、布の横から何か棒のようなものがニョキッと突き出ている。気になって仕方がない。

 男が席を立った隙に、その棒を観察してみると、それはなんとカメの頭であった。洋風のカメが首を長く伸ばして、手提げ鞄の中から顔を出しているのだ。

 鞄は一澤帆布製だったから、おそらく男は京都へ向かうに違いない(思い込みだな)。布の隙間から鞄の内部を覗いてみると、頭を出しているカメ以外にも何匹かのカメがいる。

 つまり男は、カメの運び屋だったのだ。もしかすると、絶滅危惧種のカメの密輸業者かもしれない。そうでなければ、こんなおかしな運び方をするだろうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい