「治療なし」という選択も 高齢者の“がん治療”最新情報

がん

2017/12/04 07:00

 がんの治療は進化し、高齢者にも対応できるようになっている。しかし、それは“健康で長生き”に貢献しているのか。患者本人が「無治療」を希望するケースもある。好評発売中の週刊朝日ムック「肺がんと診断されました」から、最新動向を紹介する。

あわせて読みたい

  • 高齢者の肺がん手術 80歳くらいまでなら積極的に行う理由

    高齢者の肺がん手術 80歳くらいまでなら積極的に行う理由

    dot.

    3/5

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    「肺がん」ステージ別5年生存率と手術数の関係 “いい病院”手術数トップ30の成績は?

    週刊朝日

    3/3

  • 75歳以上のがん手術 「する」「しない」論争を検証!

    75歳以上のがん手術 「する」「しない」論争を検証!

    dot.

    2/25

    ハイリスクの「がん患者」が総合病院で手術を受けるメリット

    ハイリスクの「がん患者」が総合病院で手術を受けるメリット

    週刊朝日

    7/17

  • 【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    【胃がん内視鏡治療】適応は年々拡大 3センチを超える病変でも治療可能なケースも

    dot.

    4/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す